サンドコンパクションパイル工法 さんどこんぱくしょんぱいるこうほう 土木用語集 さ| 株式会社 渡辺 | 先人の想いを先進の技術で切り開く |  
用語集土木用語集>サンドコンパクションパイル工法

土木用語集


サンドコンパクションパイル工法 / さんどこんぱくしょんぱいるこうほう 土木用語集 さ


項目 サンドコンパクションパイル工法 / さんどこんぱくしょんぱいるこうほう
意味 マンドレルとして内管・外管をもつ二重鋼管を地盤に打ち込み、外管の中に砂を投入し、内管で砂を打撃(コンパクション)して地盤中に貫入させ、外管を少しずつ引き上げて砂杭をつくる突き固め工法。期待される効果:全沈下量減少、液状化の防止

土木用語集 五十音順


あ い う え お
か き く け こ
さ し す せ そ
た ち つ て と
な に ぬ ね の
は ひ ふ へ ほ
ま み む め も
や ゆ よ
ら り る れ ろ
わ